その他のソフトウエアとのデータ連動機能



 汎用データの読込機能

PSD労働社会保険は、他のソフトウエアで作成した汎用データ(CSVファイル、テキストファイル)を読み込む機能を装備しています。
作成された汎用データの内容を画面で確認し、項目を選択して読み込むことができます。
この機能により、条件さえ合えば特定の給与計算ソフトでなくとも、その他の基幹システムの人事・給与データや、表計算ソフトで
作成したデータなどを取り込み、処理を行うことができます。

        

読み込むデータの仕様
データ種類 個人(社員)データ、給与データ、賞与データ
ファイル形式

項目がカンマで区切られたのテキストファイル(CSVファイルなど)

1行(レコード)に1名で構成されたもの。

その他の条件

データ中に必ず社員コード(社員番号、従業員コードなど)があること。

コードは、英数カナで10桁まで。

PSD労働社会保険のデータ項目に対応する項目が1つ以上あること。





 汎用データの作成機能

PSD労働社会保険の事業所・個人・給与・賞与のデータから、汎用データ(CSV,テキストファイル)を
作成することができます。表計算ソフトやワープロソフト、プレゼンテーションソフトなどで読み込む
ことができますので、様々な資料に活用することができます。

以下は、作成した個人の汎用データを、作成後すぐにEXCELで読み込んだ画面です。