●全国1000ヶ所以上の導入実績
PSD社会保険労務士システムは社会保険労務士向けシステムとして全国発売から18年以上たちました。その間に全国で1000ヶ所以上の社会保険労務士事務所、および企業に導入いただき、実際の業務の運用より発生したさまざまな問題に対応し、多用な要望を取り入れた、実践的なシステムとなっています。
また本格的な企業向けの社会保険システム「PSD労働社会保険」は、企業規模数十名の小企業様から、3万名以上の大規模企業まで、また業種を問わず様々な事業所で導入いただいております。

●給与計算ソフトと連動  
        −−−すでに稼働している基幹業務システムのデータを取り込み処理を行います。−−−
給与計算ソフトからは社員、給与、賞与の汎用データ(テキストデータ)を受け取ります。給与計算ソフト側で全項目を無条件に選んでしまえば、後はPSD社会保険労務士が必要な項目を自動読込。簡単な操作で連動できます。またPSD社会保険労務士の新規自動登録モードで読み込んでしまえば、給与計算側の社員をPSD社会保険労務士の個人マスタへ自動的に登録、さらにリンク情報も自動的に作成されますので、入力作業の大幅な省力化を実現します。
逆にPSD社会保険労務士からは、個人データや、算出した標準報酬月額や各保険料を給与計算ソフトへ渡す機能があります。

●強力な個人検索機能
強力な被保険者データベース機能により、個人コード・カナ名・部課・入社日・健保番号・社員番号・社員コードなどのさまざまなキーワードで個人を検索できます。
また現在の被保険者の状況ばかりでなく、保険の加入状況などの把握の方法に日付管理方法を採用し、日付指定で、いつ・誰がどの保険に加入しているか即座に検索できます。これにより各保険への加入区分、介護保険2号被保険者区分、厚生年金高齢者区分、雇用保険高齢者区分などを廃止し、お使いいただく方の設定作業が簡単になり、さらにこれらの状態が自動判定されます。
さらに日付指定で、事業所の、在職者数や各保険の加入者数なども即座に検索できます。
年齢検索機能では、40歳、60歳、65歳、70歳の各保険年齢到達者を、さまざまな条件で一括で検索することができます。

●官庁配布用紙へ印字  >>>帳票
労働保険関連の届出用紙(雇用保険資格取得届・喪失届、労働保険料申告書、離職証明書、六十歳賃金証明書、休業開始時賃金証明書、一括有期事業報告書、その他)は官庁配布用紙へ直接印字します。
また社会保険は、当社オリジナル用紙、日本法令、ヒサゴ用紙ばかりでなく、基金や健保組合、政府管掌用紙に対応します。今後さらに対応する全国の社会保険事務所、健保組合、基金用紙が増えていきます。

●豊富な通知書・管理帳票作成機能  >>>帳票

社会保険料のお知らせ、各種年齢到達リスト(40歳、60歳、65歳、70歳)など、被保険者に渡す通知書や、実務で役に立つ管理帳票を各種豊富に用意しました。

●OCR文字に対応

オリジナルのOCR文字フォントを装備していますので、高価な特殊プリンタではなく、普通のパソコン用プリンタで雇用保険資格取得届や労働保険確定保険料申告書などの記入に必要なOCR文字が直接印字できます。       

●OA水平プリンタ・レーザープリンタに対応

事務処理専用の水平プリンタにも対応していますので、官庁配布の特殊な用紙に印字したり、連続用紙を単票に切り離して印字することができます。
また印刷時に、用紙ごとに横方向・縦方向の印字開始補正値を、100分の1ミリ単位で設定し記憶できますので、プリンタの用紙ガイドを固定して、どの用紙もいつも同じ場所にセットすれば印字でき、専用帳票の用紙のセット・印刷を、非常に簡単に行うことができます。
またレーザープリンタで見やすい管理帳票を印刷することができます。


●プレビュー入力機能搭載
届出帳票作成時、画面に表示された実際の用紙イメージへ印字するデータが表示され、さらにその内容を直接入力・訂正することができます。つまりいつも記入している用紙を画面で見ながら入力することができますので、判りやすく馴染みやすい操作となっています。

●高機能プレビュー
全印刷物についているプレビュー機能は、カラー帳票で表示され印字内容を確認することができます。
また印刷が複数ページに渡る場合、ページ構成のツリービューが画面左側に表示されますので、ページを指定して見ることも可能です。
さらに
プレビューそのものを印字する機能がありますので、インクジェットプリンタやカラーレーザープリンタなどでカラー印刷することができます。

●印刷処理でもマスタデータ入力機能
個人データ保守(マスタ登録)へ戻らなくても、印刷時に不足データを確認し、入力することができます。入力したデータは、個人データ(マスタ)へフィードバックされます。
この機能によって、印刷処理での作業効率を高め、システム導入時には最小限のデータ入力のとどめておくことができますので、導入時の負担を大幅に軽減することができます。

●社会保険フロッピー申請 「届書作成プログラム」 データ連動機能搭載
PSD社会保険労務士に登録されている被保険者の情報をCSVデータに出力し、社会保険庁の「届書作成プログラム」へ渡すことができますので、「届書作成プログラム」を利用する場合に同じ被保険者の基本データを入力する手間を省くことができます。また他の給与計算ソフトやEXCELファイルなどから取り込んだ被保険者のデータを活用することができますので、データ資産の有効活用となります。。

●社会保険フロッピー申請データ作成機能搭載

さらにPSD社会保険労務士で、帳票を作成する同じ操作で直接フロッピー申請データを作成するともできます。フロッピーディスクに書き込む前にエラーチェックができますので、フロッピーを作成した後の作業が楽になります。またPSD社会保険労務士で作成したフロッピーばかりでなく、他のソフトで作成したフロッピー申請のデータも簡単に表示し、確認することができます。


●厚生労働省電子申請(e-Gov) 「申請用プログラム」データ連動機能搭載
PSD社会保険労務士では、日本で初めて厚生労働省電子申請の「申請用プログラム」へ被保険者のデータを渡すことができるデータ連動機能を搭載しました。「申請用プログラム」では被保険者の情報を保持する機能がないため、申請を行うたびに被保険者に関するデータを入力しなければなりませんが、PSD社会保険労務士のデータ連動機能により被保険者のデータを渡すことができますので、大幅な作業の省力化となります。

●コンサルティング支援機能搭載
「個別労働紛争あっせん代理システム」、ベストセラー賃金シミュレーションシステム「賃金士」(有限会社人事・労務)とのデータ連動機能、「PCA人事管理」「OBC人事奉行21」「人財銀行」などの連動機能も近々搭載されます。

●報酬売上管理システム搭載
顧問先への請求書・領収書の発行、入金・売掛管理などを行うことができます。

●大容量、高速処理

取り扱うデータ量はハードディスクの容量に依存しますので、データ容量に制限を設けてありません。また最新のデータベースエンジンを採用し高速処理を可能とし信頼性も向上しました。すでに数千人規模の被保険者の企業の業務を行っています。


●充実した操作マニュアル

操作マニュアルは事例集なども加えて、判り易さに重点をおいて作成されています。ヘルプを標準装備。F1キーでいつでも呼び出せます。ヘルプには操作マニュアルが丸ごと入っていますので、マニュアルを取り出さなくてもキーワード検索で目的の操作説明を探し出すことができます。